20年経ちました

特養あじさい苑は令和3年5月1日で丸20年経過しました。これまであじさい苑を支えてくださった皆様、また現在も支えてくださっている皆様のおかげと大変感謝しています。

厨房から豪華な昼食を準備していただきました。苑からも記念として和菓子をつけさせていただきました。

これからもあり続ける施設として努力してまいりますのでご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

13年の時に植えた植樹も大きくなりました。

チューリップ

草花がきれいに咲き誇る時期になりました。

少し前は桜の木や木蓮などがきれいでした。

デイサービスの庭にボランティアさんがチューリップを植えてもらってました。

いろんな色できれいです。

チューリップは秋に植えて春に咲きます。土の中で長く耐えた分だけきれいに咲くことができるのだろうと思います。私たちも今苦しい時期ではありますが輝けるようにと思います。

さくら満開

あじさい苑の周りには隣に小学校がある関係もあり桜の木がたくさんあります。

デイサービス玄関前のさくらも満開になりましたので掲載します。みごとです。

新年度となりました。前年度はコロナウイルスで大変な年でした。

平穏な日常が戻ることを祈りながら、新鮮な気持ちでスタートしました。

した。

寄付をいただきました

岩滝長寿会連合会からたくさんのぞうきんを寄付していただきました。

会員の皆さんからのメッセージも添えられていました。

感染予防や普段からの掃除に至るまで、ぞうきんはいくらあっても助かりますので大切に使わせていただきます。

ひなまつり

3月3日はひなまつりです。特養ではひな人形が飾られていました。後ろの背景は職員と入居者の合作です。

昼食にはひなまつりメニューで、おいしそう!お寿司がきれい!と、わいわい言いながら召し上がっておられました。梅酒ゼリーも珍しいなと思いました。

鬼にもすがる思いです

今年の節分は2月2日でした。例年ですと鬼の面をかぶった職員が縦横無尽に駆け回るところですが、今年はそうもいきませんでした。特養については巻きずしは頂きましたが行事は中止となりました。

デイサービスで唯一、看板に向かって豆まきをしてました。かわいい福の神と鬼です。今年に限っては「福の神も鬼も一緒になってコロナウイルスを退治して」という気持ちです。